2019年

1月

02日

神を楽しむと得られる三つのメリット|Three Benefits of Enjoying God

聖書を読んでみませんか    世界で最も広く読まれている本、  一千六百以上の言語に翻訳されている本、    数え切れない人々が聖書に来て、  困難に遭遇した時、  どうしたらよいかわからない時に、  慰めを見いだし、希望を見いだし、導きを得た本、  個人だけでなく、歴代の多くの国家に    今なお影響を与えている本、  THE BOOK 「その本」、すなわち本の中の本、  それが、聖書です。    いつでもお立ち寄りください。  聖書を差し上げます。

 

神を楽しむ

 

 聖書によれば、神は人を創造した後、人をエデンの園に置きました。エデンの園は、喜びの園を意味します。これは神が人の喜びまた楽しみであったことを示しています。しかし、人は堕落した後、真の楽しみであった神から離れたため、自分で楽しみを見つけなければならなくなりました。その結果、人の文化や娯楽が発明されたのです。人が神に戻ると、どのようなメリットがあるのでしょうか? 今回は、そのうちの三つのメリットをお伝えします。

 

 

メリット1:むなしい感覚がなくなる

 

人の歴史と経験そのものが証明していますが、神以外のものを楽しんだ結果は、空の空であり、その結果は苦しみと悩みです。栄華を極めたソロモン王でさえ、「空の空、すべては空である」と言いました(伝道の書1:2)。多くのものを得ても人生にむなしさを感じるのは、まだ神に欠けているからです。もし、わたしたちが神を楽しむなら、このむなしい感覚は自然となくなります。

 

 

メリット2:自分をコントロールできる

 

 人はだれも心の深みで罪を犯したいとは願っていませんが、結局、あらゆる人が罪を犯してしまいます。うそをついたり、大切な人を傷つけてしまったり、親や年配者に逆らったりしてしまいます。だれも自分をコントロールすることができず、あらゆる人がストレスを感じます。使徒パウロはこのような状況を描写して言いました、「もしわたしが欲していないことを行なうなら、それを行ない出すのはもはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪です」(ローマ7:20)。人は罪に打ち勝つことができません。神だけが罪に打ち勝つことができると、聖書は告げています。ですから、神を得ることが、自分の罪から解放される第一歩です。

 

 

メリット3:真の自由を経験できる

 

 私たちは神を楽しむなら、真の自由を待つことができます。この自由とは何でしょうか? それは、あらゆる束縛、重荷、圧迫、悩みから解放されることです。神を楽しむ者だけが、罪を犯さず、真に自由な生活を送ることができます。「子[主イエス]があなたがたを自由にするなら、あなたがたは本当に自由なのである」(ヨハネ8:36)。

 

 

どうやって神を楽しむのですか?

 

神を楽しむためには、まず神の御子である主イエスを信じて、神の命を受け入れる必要があります。信じることは受け入れることです。神の命は罪と死から私たちを解放してくれます。これがクリスチャンの生活であり、聖書が伝えている救いです。「彼[主イエス]の中へと信じる者は一人も滅びないで、永遠の命を持つ」(ヨハネ3:16)

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2018年

12月

17日

恵みを数える集会のお知らせ 12/23 16:30-|Grace-Counting Meeting

 

 以下の日程で、恵みを数える集会を開催いたします。詩歌や証しの展覧を通して、一年間を通じて経験した主からの恵みを互いに分かち合う集会です。様子を見に来るだけでも、どなたでも歓迎いたします。途中入場・退席、可能です。

 

 日時:12月23日(日)16:30-18:30

 場所:市川市文化会館 大会議室(地下1階)

 内容:夕食、一年の動画、子供の歌の発表、劇(放蕩息子)、青年の歌の発表、証しの時間

 

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2018年

11月

07日

2018公園ブレンディング|Outing at Misato Park

さて、兄弟愛について、あなたがたはわたしから書き送ってもらう必要はありません.

あなたがた自身、互いに愛し合うことを、神から教えられているからです.

 

テサロニケ人への第一の手紙第4章9節 

 

 

★みさと公園ブレンディング★

 

大空高く澄み渡る秋晴れのもと 

みさと公園ブレンディングに参加し多くの兄弟姉妹と共に

有意義で楽しい時間を過ごせたことを主に感謝します

 

みさと公園は江戸川と中川に挟まれた小合溜井に沿って広がる水辺のある緑の美しい公園です

 

芝生のある広くて大きな広場に

シートを敷いて

軽快なギター伴奏に心弾ませ皆でからだ全体で詩歌をEnjoyしました

 

その楽しい歌声に惹き付けられて数名の方が

立ち止まりリズムに合わせて拍手を持って

一緒に詩歌を歌い

一つ心であふれる主の愛の

豊かさと生けることばと

美しいメロディにからだを委ねました

 

敷地内にある木製の大きな遊具で子どもたちは

心ゆくまで走り回り

大人たちも一緒にサッカー、バドミントンと

体を動かし沢山の兄弟姉妹と触れ合う素晴らしい機会となりました

 

お昼ご飯は

それぞれ持ち寄った

色彩りどりの美味しいお弁当を頂いて

心もからだも解放され

リフレッシュされ

交わりの甘さを共に経験出来た時となりました

 

主が全ての手順を

整えてくださり

豊かな神の家族の麗しく楽しい

教会生活を共に味わえたことを主に感謝します

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2018年

8月

20日

2018親子健康生活園|Character Garden

 

 

今年も湯河原で親子健康生活園を開催しました。

 

市川、習志野、そして名古屋からもたくさんの親子が集まりました。

 

今年のテーマは、「純、正、静」でした:

 

純:動機が単純、不純がない。言葉が純粋、曲がってない

正:正しくまっすぐ偏らず、物事正しく取り扱う

静:霊と心が穏やかで、神に信頼、安息得る

 

そのほかにも

たくさんの歌を振り付け付きで歌い、

ヨセフの物語から学び、

クイズやゲーム、

川遊びや花火など盛りだくさんの三日間でした。

 

お父さん、お母さんも、子供たちも

このような性格を持つ

健康な人に育っていきますように。

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2018年

6月

27日

聖書を読んでみませんか|Let's Read the Bible

聖書を読んでみませんか    世界で最も広く読まれている本、  一千六百以上の言語に翻訳されている本、    数え切れない人々が聖書に来て、  困難に遭遇した時、  どうしたらよいかわからない時に、  慰めを見いだし、希望を見いだし、導きを得た本、  個人だけでなく、歴代の多くの国家に    今なお影響を与えている本、  THE BOOK 「その本」、すなわち本の中の本、  それが、聖書です。    いつでもお立ち寄りください。  聖書を差し上げます。

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2018年

6月

18日

福音集会のお知らせ6月24日|Gospel Meeting

 

 以下の日程で、福音集会を開催いたします。詩歌や証しを通して、わたしたちのエンジョイしている事を分かち合う予定です。 みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 日時:6月24日(日)14:00-

 場所:市川に在る教会集会所

 

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2017年

11月

21日

恵みを数える集会のお知らせ 12/3 12:00-|Grace-Counting Meeting

 

 以下の日程で、恵みを数える集会を開催いたします。詩歌や証しの展覧を通して、一年間を通じて経験した主からの恵みを互いに分かち合う集会です。

 

 日時:12月3日(日)12:00-14:30

 場所:市川市文化会館 大会議室(地下1階)

 

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2017年

8月

04日

台湾親子健康生活園に参加|Taiwan Parent-Children Camp

”イエスは彼らを呼んで言われた、「小さい子供たちをわたしに来させなさい.
彼らをとどめてはならない.神の王国は、このような者たちのものだからである。”

ルカ18:16

 

7月28日から30日にかけて、台湾の新竹でもたれた親子健康生活園に市川から一組の親子が参加しました。この訓練の目的は、親子で正しい人間性を建て上げ、健康なクリスチャン生活を送り、主に用いられる器となることにあります。子供たちが主に得られ、主を愛する者たちとなりますように! 

 

参加者の証し:

 

  • 長女と参加しました。幼い頃から親子で神の御前に出る生活をして、訓練されている沢山の模範を見れて感動しました。主に悔い改め、主が必要であると照らされ、子供達と共に主の前で生きる生活をしたいと願わされました。(母親 R.K.姉妹)

  • たいわんは、やまにかこまれているからバスにのってみるとみどりがいっぱいみえるのできれいです。ロープーウェイにものりました。のぼっておりてを4かいしました。ゲームもたのしかったです。みんなもたいわんにいってみてください。(娘 S.K.6歳)

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2017年

8月

04日

台湾から兄弟姉妹が訪問|Visitation of the saints from Taiwan

”その新しい人には、ギリシャ人とユダヤ人、割礼と無割礼、未開人、スクテヤ人、奴隷、自由人はあり得ません.キリストがすべてであり、すべての中におられるのです”

コロサイ3:11

 

7月17日に台湾の台中から兄弟姉妹が市川に訪問に来てくれました。キリストのからだの豊かな交わりにあずかれて感謝します。共に愛餐にあずかり、お互いに経験しているキリストと召会生活を分かち合いました。新しい人の中には、日本人も台湾人もありません。キリストがすべてであり、すべての中におられます。ブレンディングを感謝します。

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2017年

4月

24日

オープンチャーチのお知らせ 4/30 14:00-|Open Church

 

 以下の日程で、オープンチャーチを開催いたします。詩歌や証しを通して、わたしたちのエンジョイしている事を分かち合う予定です。 みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 日時:4月30日(日)14:00-

 場所:山崎製パン企業年金基金会館三階

 

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

0 コメント

2016年

9月

20日

オープンチャーチのお知らせ 10/2 13:15-|Open Church

 

Taste and see that Jehovah is good

(エホバの良きことを味わい、そして見ましょう)

詩篇34:8

 

 以下の日程で、オープンチャーチを開催いたします。詩歌や証しを通して、わたしたちのエンジョイしている事を分かち合う予定です。 みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 日時:10月2日(日)13:15-14:30

 場所:市川に在る教会集会所

 

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

0 コメント

2016年

5月

16日

オープンチャーチのお知らせ 6/19 13:00-|Open Church

 

この人は……わたしの選びの器である

使徒第9章15節

 

 下記の日時で、オープンチャーチを開催いたします。今回は、聖書から「人は神を入れる器に造られた」ことについての詩歌や証しについて、わたしたちのエンジョイしていることを分かち合う予定です。 みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 日時:6月19日(日)13:00-14:00

 場所:市川に在る教会集会所

 

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2016年

5月

13日

つくば山ブレンディング|Mt. Tsukuba Hiking Blending

「山々が生み出される前、あなたが地と世界を生み出される前に、

まことに、永遠から永遠まで、あなたは神です」

―詩篇90:2

 

 4月29日につくば山へ登山ブレンディングへ出かけました。バスの中で詩歌を歌い、共に楽しい時間を過ごしました。ケーブルカーなども使っての登山でしたが、さまざまな年齢と状況から成るわたしたちは、お互いに声を掛けて励まし合いながら、助け合いながら山頂を目指しました。これぞまさに召会生活と感じました。旧約においても、新約においても、神の民はいつも山の頂上を目指して前進します。でも、一人ではないことを感謝します。わたしたちには一緒に上る兄弟姉妹がいます。そして、頂上から見た壮大な景色は、わたしたちの目に焼き付き、神の創造のわざを強く感じました。

 

 

 

「わたしは山々に向かって目を上げる。わたしの助けはどこから来るのであろうか? わたしの助けはエホバから、天と地を造った方から来る。……あなたを守る方はまどろむことはない。エホバはあなたを守る方、エホバはあなたの右手にいる、あなたを覆う陰である。……エホバはあなたをすべての災いから守り、あなたの魂を守られる。エホバはあなたが出るにも入るにも、今から永遠に至るまで守られる。」―詩篇121

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2016年

4月

06日

賛美集会のお知らせ

 

「知恵を尽くして、キリストの言をあなたがたの内に豊かに住まわせ、

詩と詩歌と霊の歌とをもって、互いに教え戒め合い、

恵みをもって、心から神に向かって歌いなさい」

コロサイ3:16

 

 暖かい春になりました。わたしたちは4月に3回、詩歌の賛美集会を開催します。この機会にぜひお越しください。一緒に詩歌を歌って、恵みに満たされましょう。簡単な茶菓子を用意してお待ちしています。

 

   1回目:4月9日(土)  14:00-15:00

   2回目:4月17日(日)14:00-15:00

   3回目:4月30日(土)19:00-21:00(夕食付き)

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2016年

2月

19日

韓国モッポからの聖徒たちとのブレンディング

 

参加者の証し

 

 韓国のモッポから16名の兄弟姉妹が市川に来てブレンディングしました。美味しい料理を享受して、詩歌を賛美して、互いの召会生活の証しをして、記念写真を分け与えて、満喫でした。(G.S.姉妹)

 

①韓国の兄弟、姉妹たちとのブレンディグ

 韓国の兄弟、姉妹たちとの交わりを聞き名前の由来等とても素晴らしかったです。詩歌を一緒に歌った時、兄弟たちが時折入れる輪唱に感動し兄弟、姉妹たちたちの力強さ、バイタルさを感じました。召会の一を感じた一時でした。(Y.S姉妹)

 

②夕食ブレンディング.キッチン奉仕

 豊かな食事と兄弟姉妹とのチームワークにより準備、片付けもスムーズにいきました。感謝します。(K.Y姉妹)

 

③バスレク

 皆で詩歌を沢山歌い国境を越えてひとつになれた事を主に感謝します。(M.W姉妹)

 バスレクでは日本語.英語、韓国語.中国語を交えての豊かなブレンディング.詩歌を皆でエンジョイしました。それぞれの兄弟姉妹の証しを聞いて励まされました。(M.T姉妹)

 

④イチゴ狩り

 バスを降りて、外は寒かったですが、ビニールハウスの中はポッカポッカ! いちごの品種は章姫とやよい姫。練乳入りのカップを片手に、赤く熟したいちごを選り分けながら、みんなで美味しく食べました!(M.Y姉妹)

 

⑤お見送り

 イチゴ狩りの観光バスのまま韓国の兄弟姉妹を成田空港まで送りに行きました。バスの中で私の回復までの証しをし兄弟姉妹とこの召会生活の素晴らしさを共に賛美できたことを主に感謝します。(M.T姉妹)

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2016年

2月

17日

オープンチャーチのお知らせ 2/28 13:00-14:00

 

知恵を尽くして、キリストの言をあなたがたの内に豊かに住まわせ、

詩と詩歌と霊の歌とをもって、互いに教え戒め合い、

恵みをもって、心から神に向かって歌いなさい

コロサイ人への手紙第3章16節

 

 日時:2月28日(日)13:00-14:00

 場所:市川に在る教会集会所

 内容:賛美の歌

 

 久しぶりに、オープンチャーチを開きます。今回は、たくさんの賛美の歌を集まった方々と一緒に歌いたいと思っております。聖書は神が人に宛てたラブレター、賛美の歌は人が神に宛てたラブレターです。賛美の歌を通して、共に楽しい時を過ごせたら幸いです。 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

11月

26日

紅葉狩りブレンディング|Autumn Leaves Blending


 11月14日 養老渓谷へ行ってきました。若い兄弟姉妹たちで、シニアのために計画してくださったのです。思いがけないプレゼントに皆喜び、参加できました。


 その日、まるで学生時代の遠足のように、バスの中は時折見える赤や黄色に色付いた木々に、大きな歓声を上げ、渋滞もなく順調に進みました。


 滝の辺りはまだチラホラと紅葉が始まったばかりで、ただ、真っ赤に染まったもみじの中を流れ落ちる雄大な滝を想像して、水辺で遊びました。


 朝から降りだした静かな雨は、木々を輝かせ、煩わされることなく、足湯に浸かり、心もからだもポカポカ暖められて帰ってきました。

 感謝します。神の家族にハレルヤ🎶

 

 

バスの中では、詩歌を歌ったり、クイズに答えたり、みんなで楽しみました。

粟又の滝

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

11月

25日

失ったその一匹を見つけるまで|Until He finds it

 

"あなたがたのうちに、百匹の羊を持っている者がいて、

その一匹を失ったなら、九十九匹を荒野に残しておき、

失ったその一匹を見つけるまで

捜しに行かないだろうか?"

 

ルカによる福音書第15章4節

 

 わたしたちは一人一人、失われた羊です。主は九十九匹を残して、失われた一匹を捜しに行きます。主はわたしたちを失われた羊と考えています。彼はわたしたちを見つめるまで探します。人は生まれつき失われています。人は自分がどこから来たのかわかりません。人は自分がどこへ行くのかわかりません。人は自分がだれに属しているのかわかりません。人はなぜ自分がこんなに忙しいのかわかりません。日本はとても忙しい所です。多くの電車が時間通りに行き交っています。人々は通勤ラッシュで会社に行って働いています。しかし何のために働いているのかわからないのです。

 

 わたしは大学を卒業した後、石油関連の会社で働いていました。わたしは若者であり、その会社のビルの20階で働いていました。「これがわたしの生涯の終わりだろうか?」と思いました。わたしはこの会社のために働いて、毎日、ビルの20階に上って働き、そして終わったら一階に下りて、家に帰って、食べて、寝て、起きて、また会社に行って、20階に上って、下って、食べて、寝て、起きて、上って、下がる。これを来る日も来る日も繰り返します。そして最後に、会社はわたしを棺桶に入れます。これで終わりです。これは人生の意義ではありません。わたしたちは牧者であるキリストに見つけてもらう必要があります。キリストが人生の意義です。

 

 伝道の書第1章2節は言います、「空の空、すべては空である」。これは神以外のものがすべて空であること、むなしいこと、空虚であることを示しています。同じ書の第3章14節によれば、この世界の何を追い求めても、それは風を捕らえることのようであることがわかります。これは、わたしたちがみなキリストを追い求める必要があることを示しています。キリスト・イエスこそが人生の真の意義です。とてもすばらしいことは、伝道の書第3章11節で言っているように、神がわたしたちの心の中に永遠を置かれたことです。永遠とは、神が人の中に植えられた一つの目的ある感覚であり、歴代にわたって人の内側で働いています。神以外にこの感覚を満足させることのできるものはこの地上にはありません。だから、伝道の書の次の書に来る時、それは「空の空」ではなく、「歌の中の歌(雅歌)」なのです。雅歌は、主イエスを愛することについて語っています。人が、主イエスを愛し始めるとき、その人の人生はもはや空の空ではなくなり、歌の中の歌となります。クリスチャン生活は、歌の中の歌の生活です。(エド・マークス)

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

10月

26日

台北第51集会所の聖徒とのブレンディング

 

 

秋風が心地よい9月27日、台湾の台北第51集会所より17名の兄弟姉妹が市川に在る召会へとブレンディングの為に訪問に来てくださいました。共に楽しい時間を過ごせたことを主に感謝します。

 

第51集会所の兄弟姉妹と観光班の私たちは代々木集会所でパンさきに預かり、その後、早稲田の大集会所見学を経て東京の新名所であるスカイツリー散策を満喫し市川に在る召会へと向かいました。


市川の兄弟姉妹に出迎えられて、お互いの召会の紹介、共に御言葉に預かり詩歌を賛美しました。皆で共有する事が出来、共に過ごせた時間は本当に嬉しく楽しい時間となりました。

 

それからお待ちかねの愛宴の時間です。心も体も温まる愛のある美味しい食事を用意してくれたキッチン奉仕の姉妹たちに感謝をして皆で賑やかに美味しく頂きました。

 

今回訪問してくれた台湾51集会所の兄弟姉妹と私たちの出会いは今年2月に台湾で行なわれた国際華語特別集会に私たちが参加した際、家庭での宿泊接待を受けお世話になった事がきっかけでした。その後も交流があり今回この機会に私たちも喜びの中、接待奉仕に預かれたことを主に感謝します。

 

全ての手配をしてくれた兄弟姉妹、送迎、荷物のピックアップをしてくれた兄弟姉妹、観光班の兄弟姉妹、このブレンディングを通して全ての兄弟姉妹が自分の分を果たし機能出来たことは私たちの貴重な体験となりました。この機会を与えてくださった主に感謝します。

 

*コロサイ3:16*

知恵を尽くしてキリストの言葉をあなたがたのうちに豊かに住まわせ詩と賛美と霊との歌とをもって互いに教え戒め合い恵みの中で心から神に向かって歌いなさい。

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

10月

02日

ハッピーヨベル&市川夕食会|Happy Jubilee & Dinner


 2015年9月20から23日まで、日本全国でハッピーヨベル特別集会が持たれました。北海道、仙台、関東、名古屋、関西、九州など、六カ所で福音集会が持たれ,台湾聖徒が216名参加しました。総参加人数は約2500名,日本の主の回復にとってこれは空前の出来事でした。関東地区では、約100名の友人を含む1150名が集まり、共に福音の言葉にあずかりました。

 

 市川では、20日の朝、集会所でパンさき集会をした後、借り切りバスと電車に別れて会場に向かいました。バスの中では詩歌を共に賛美しながら、喜びに満たされました。


 

 

 福音集会は、感動の証し、子供の詩歌の展覧の後、福音のメッセージが語られました。メッセージの後、多くの方が主を受け入れることの決意表明をされました。神の救いに感謝します!


 夜には市川に戻ってきて夕食会を持ち、多くの友人の方々と共に、祝福に満ちた時間を分かち合い、詩歌を共に歌い、青年の詩歌の発表、市川に在る召会の紹介を展覧しました。主に感謝します。さらに祝福された福音が多くの人々の心に届きますように!

 

 

夕食会の様子:

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

9月

10日

2015 梨狩りブレンディング|Pear Picking Blending


"わたしは天であなたのほかにだれを持つでしょう?

地ではあなたのほかに慕うものはありません。

わたしの肉と心は衰えますが、

神は永遠にわたしの心の岩、わたしの分け前です。"

-詩篇73:25-26

 

秋の市川と言えば、、、

梨!!!

今年も梨狩りに行って来ました!


9月に入って、天候が不順でしたが、主がわたしたちの祈りを聞いてくださり、絶好の梨狩り日和となりました。


兄弟姉妹、友人、家族、総勢

60人超でマイクロバスと車に分乗して、今年も市川大町の梨園へ。


マイクロバスの中では、「主イエス深く愛す。我が心とらえ。あめつちの救い主、なが美しさよ〜🎶」詩歌をみんなでエンジョイして、主の愛に満たされました。


梨園ではまず、梨の試食をたくさんいただき、袋を買って梨畑へ。どれが美味しそうかな、と一つ一つの梨を吟味して、袋に詰めていきます。どうやって入れれば、いっぱい入るかな?とみんな工夫して、袋から溢れるばかりに梨を詰めました。ちなみに、豊水は太陽をいっぱい浴びて赤みがかっているのが甘いそうです!


  

集会所に戻って、詩歌と主の証しをエンジョイしました。そして姉妹たちが作ってくださっていた、昼食をお腹いっぱい食べて、子供たちもニコニコ。みんな笑顔いっぱいでした!

 

美味しい梨、姉妹たちの愛の昼食、キリストの愛、心もお腹も溢れるばかりに満たされて、みなで楽しめたことを主に感謝します!

 


集会所で共に歌った詩歌(441番):

 

わがかみ,わがあい, わが分けまえ;

なれのほか天地に わがもとむもの,まったくなし。

てんも地もすべて, むなしさのみ!

なれのようしたうに あたいするもの,てん地になし。

なれはわがたから, いのち,住まい;

他のもの受けても, わがかみでない,わが主でない。

かがやくざいほう, なんとむなしい!

なれにくらべれば, おもちゃのようで,たよりならず。

たとえ全地を得て, ほしを得ても,

なれともになくば, あわれのきわみ!なれはすべて。

ばくだいなとみを, ひとはもとむ,

されど,なが同ざい, われのまんぞく,なれをもとむ。

 

参照:https://www.hymnal.net/en/hymn/h/600

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

8月

25日

主の回復の歴史|History of the Lord's Recovery

 

"…初めからそうだったのではない。"

マタイ19:8

 

初期の時代

 主イエス・キリストは地上で務めを行ない、十字架上で死んで贖いを完成し、三日後に復活した後、弟子たちに現れて、ご自身を聖なる息として彼らの中に吹き込まれました(ヨハネ20:22)。その後、弟子たちはエルサレムにとどまり、聖霊を着せるという御父の約束の成就のために十日間一つ思いで祈りました(使徒1:8,14) 。その結果、ペンテコステの日に聖霊が彼らの上に臨み、彼らは上からの力を受けて、主の証し人となり、使徒行伝が開始しました。ペンテコステの日に、ペテロの宣べ伝えを通して約三千人の人が救われ、エルサレムに在る教会が生み出されました。その後、福音は使徒ペテロの務めを通してユダヤ人世界へと広がり、その後、使徒パウロの務めを通して異邦人世界(アンテオケ、小アジア、ギリシャ、ローマ)へと広がりました。パウロは神の選び器として、キリスト、その霊、教会に関する神のエコノミーの啓示を受けて、神の言葉を完成する者となりました(コロサイ1:25)。パウロの務めの終わり頃から、異なる教えや異端が教会の中に入り込み、教会が衰退していく中で、十二使徒の中で地上に最後に残された使徒ヨハネは、教会の破れ目を彼の務めの中で命の方法で繕いました。使徒行伝の書には、結論の言葉がありません。これは、使徒たちの行動が終わっておらず、今日も地上の信者たちを通して継続していることを示します(使徒28:31)。

 

中世の時代

 A.D.476年に、西ヨーロッパの最後のローマ皇帝がゲルマン民族によって退位させられました。それは、中世の時代の開始でした。この時代は、歴史家たちによって「中世の時代」あるいは「暗黒の時代」として知られています。なぜなら、この時から約千年の間、聖書は一般の民に対して閉ざされ、神の光の言葉が封じられたからです。中世の教会は、おもにローマ・カトリック教会であり、それはジョージⅠ世が法王の座に着いたA.D.590年に正式に始まりました。

 

改革の時代

 宗教改革は1517年10月31日に公に始まりました。その時、マルチン・ルターは、彼の有名な「95箇条の論題」をドイツのウィッテンベルグの教会の扉に張り出して、ローマ・カトリック教会の贖宥状の乱用を罪定めし、それらの事柄に対して議論し立ち向かいました。これがプロテスタント教会の開始です。マルチン・ルターは神の偉大なしもべでした。主は彼を用いて、信仰による義認についての真理を回復し、開かれた聖書を一般大衆に与えました。ところが、ルターは教会についての真理に来た時に弱くなり、教会生活を持つという神の真の意図に、わたしたちを連れ戻しませんでした。かえって、ルターは政治の力を教会にもたらし、そうすることによって教会の助けになると考え、国家教会をもたらしました。

 

奥義派

 歴史はわたしたちに、改革の教会、特に国家教会が、ついに死んだ宗教になったことを告げています。第17世紀に、主は改革の教会の死と形骸化に対する反動として、一群れの聖徒たちを起こされました。ガイオン夫人、フェネロン神父、ブラザー・ローレンスのような奥義派の人たちは、内なる命の経験を回復することで主に用いられました。これらの聖徒たちは、依然としてローマ・カトリック教会にとどまっていましたが、命とはその霊による御子の中の神ご自身であることを認識し始めました。これらの聖徒たちは、内なる命であるキリストについて幾らか知ったとはいえ、彼らには実行的な教会生活はありませんでした。彼らは依然として、ローマ・カトリック教会の領域内にありました。

 

モラビア兄弟団

 第18世紀に、主はジンゼンドルフ伯爵の指導の下にあったモラビア兄弟団の間で動いて、教会生活の実行の一部を回復されました。これらのモラビア兄弟団は、ローマ・カトリック教会だけでなく、国家教会からも迫害を受けました。彼らは真理に立ったために迫害されました。そして彼らはサクソニーのジンゼンドルフの領地に、保護を求めて逃れました。ジンゼンドルフ伯爵は、主に対する愛のゆえに、さまざまな背景から来たこれらの追い求める者たちの多くを受け入れました。これらの兄弟たちは、彼らの教理上の違いから争い始めました。ある日、ジンゼンドルフ伯爵は、協議会を召集して、彼らにそれぞれの教理上の異なる意見を落とすよう説得しました。彼らは、彼らの間の一致を保ち、自分たちの教理上の違いや宗教的背景の違いを放棄する、という協定に署名しました。その後、彼らが主の食卓についていた時、聖霊の注ぎを経験しました。その時までの教会歴史史上、最も強力なリバイバルが彼らの間にありました。そして彼らは、地上での最も有力なクリスチャングループの一つとなりました。

 

ブラザレン

 19世紀、1825年から1828年に、主はジョン・ネルソン・ダービーの指導の下にいわゆるブラザレンを興されました。D・M・パントンは、「ブラザレンの運動とその意義は宗教改革よりはるかに偉大であった」と言いました。宗教改革は、幾らかこの世的でした。なぜならそれは、人の政府と連合していたからです。ところがブラザレンの間の動きは、真に霊的なものでした。ブラザレンは、教会の天的召しと教会の一を回復し、宗派的な組織の間違いを見ました。また、唯一無二のキリストのからだがあること、すなわち、教会は人の意見によって形成されるのではなく、聖霊の直接の導きの下にあるべきであることを認識しました。主は彼らを通して多くの聖書真理を回復しました。根本主義的なキリスト教神学の90パ―セント以上は、ブラザレンの教えから来たと言われています。

 

内なる命

 19世紀初頭から20世紀初頭にかけて、さまざまな追い求める敬虔なクリスチャンを通して、主はキリストを命として経験することを回復されました。その中で代表的に用いられたのは、ロバート・P・スミス(献身による聖別)、アンドリュー・マーレー(キリストに住む、キリストの御霊、至聖所、自己を否むこと)、ジェシー・ペンルイス(十字架の経験、霊的な戦い)、エバン・ロバーツ(王国の真理とウェールズの大復興)、T・オースティン・スパークス(復活の力、教会生活、キリストのからだ)、M・E・バーバー(霊的命の経験)などがいます。M・E・バーバーは、福音の働きのために中国へ遣わされ、後に宗派を離れ、主の召しに応じて、中国の地で一粒の麦となりました。

 

現在の主の回復

 ブラザレンの動きが始まった百年後に、主は中国本土で新しい事を開始されました。主は二十世紀の初めに、中国に行かざるを得なくされました。なぜならヨーロッパもアメリカも、正当な教会生活に関する限り、その地、土壌が、完全に汚染されてしまっていたからです。教会生活に関して、中国は処女地でした。中国における主の回復の最初の集会は、1922年、ウオッチマン・ニーによって、彼の故郷、福州で始まりました。

 ウオッチマン・ニーは各世代にわたる回復の結晶を受け継ぎ、聖書の中心的な啓示を完全に明らかにしました。それらは、救い、教会、命としてのキリスト、キリストのからだに関する啓示であり、彼は聖徒たちを導いて神聖な啓示を実行させました。彼は、中国で四百以上の教会を興し、後に主のために投獄され、殉教しました。彼の務めの豊かさは、出版物を通して世界の国々に広まり、中国のみならず海外にも深い影響を及ぼしています。

 ウオッチマン・ニーの同労者であるウイットネス・リーは、ニーが主から受けた務めを継承し、それをさらに発展させ、神の永遠のエコノミーに関する聖書の高い啓示を解き放ち、神のエコノミーの究極的な目標を提示しました。それは、神が人と成ったのは、人が神格においてではなく命と性質において神となり、キリストのからだを構成して、新エルサレムにおいて究極的に完成されるということです。新エルサレムは、神と人の宇宙的で団体的な結合、ミングリング、合併です。彼は現在の主の回復を神聖な啓示の最高峰までもたらしました。そして、地上の六大陸に二千以上の教会を興し、拡増開展の高嶺に到達しました。

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

8月

19日

夏の親子ミニジョイフル!

 感謝します。8/7-8/9のミニジョイフルはとても享受できました。参加人数は90人でした。市川からも19名の兄弟姉妹が参加しました。 .


 今回の標語は下記通りです。


1 真実

真実に話し、うそいつわりがない

誠実にふるまい、いいかげんでない



2 正確

時間を正確に守り、だらだらしない

言葉を正確に話し、信頼される

  


3 締りがある

ゆるまず主にしっかりついていく

生活リズムがきちんとしている

 

 

 非常に楽しい雰囲気のなかで、愛の中で楽しい方法で、性格の重要性が大人を含め、一人一人に浸透しました。短い集会の時間には面白い劇があり、楽しい詩歌があり、子供たちの積極的に答える姿もありました。集会以外の時間は水遊び、工作、ゲーム、花火などを享受しました。そして、子供達は一緒に遊ぶだけでなく、班ごとに片付けもしてくれました。今回のミニジョイフルを通して子供達は多くの面において益を得たと言っても過言ではありません。来年のミニジョイフルを楽しみにしています。主に感謝します。

 

詩篇141:3

"エホバよ、わたしの口の前に見張りを置いて、 

わたしの唇の戸を守ってください。"


さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

8月

17日

下妻・つくばブレンディングで霊が新鮮にされました!

 

 8月9日に、下妻とつくばに在る召会とのブレンディングに行ってきました。パンさき集会では、詩歌の136番、「よろこびのめぐみ, 完ぜんなゆるし! 無だい価のめぐみなれば, よろこばしきかな!」を何度も何度も味わって歌いました。詩歌の一節のみや、繰り返しの部分を暗記して歌うと、「恵みをもって、心から神に向かって」歌うことができ、享受が増します(コロサイ3:16)。

 

 預言の集会は、最初に小組に別れて、共に御言やアウトラインを祈り読みして、豊かな供給にあずかりました。その中で受けたものを互いに語り合い、たくさんの供給と光があったことを感謝します。

 

 午後は、姉妹たちの交わりにあずかりました。とても豊富な交わりを感謝します! 生活の中で、いつも主と交わり、主に真に触れることで、主で満たされて家族や友人にも祝福が流れる証しを聞きました。わたしたちもそのような、主の香りのする者になりたいと願わされました。


 わたしたちの霊は新鮮にされました! さらに兄弟姉妹を愛し、召会の前進と建造のために祈ることを願います!


さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

8月

06日

平和の福音|The Gospel of Peace

2012年のハッピーヨベル福音集会にて語られたメッセージです。メッセンジャーは米­国の聖書出版社Living Stream Ministryのアンドリュー・ユー氏です。中国語のメッセージを日本語に翻訳して­います。

 

主題:「平和の福音」

 

"真の平和とは、消極的なものが取り除かれるだけではなく、積極的なものが加えられることです。人は、戦争、経済の危機、家庭の問題、健康の問題がなければ、平安があると思います。しかし、それだけでは真の平和はありません。真の平和はイエス・キリストご自身です。彼が人の人生の中に入ってくるとき、その人は真の平和を得ます。"(メッセージより)

 

"彼[主イエス]ご自身は、わたしたちの平和であって……

彼は来られて、遠く離れていたあなたがたに、平和を福音として宣べ伝え、

また近くにいた人たちに、平和を宣べ伝えられました."

(エペソ2:14, 17)

  

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

7月

13日

神に会う備えをせよ|Prepare to meet your God

2012年のハッピーヨベル福音集会にて語られたメッセージです。メッセンジャーは米­国の聖書出版社Living Stream Ministryのロン・カンガス氏です。英語のメッセージを日本語に翻訳しています­。

 

主題:「神に会う備えをせよ」

 

"それゆえ、イスラエルよ、わたしはあなたにこうしよう.

わたしはこの事をあなたに行なうので、

イスラエルよ、あなたの神に会う備えをせよ。"

アモス書4:12

 

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

7月

13日

ハッピーヨベル2015のお知らせ|Happy Jubilee 2015

 

2015年9月20日-27日に全国各地でハッピーヨベル福音集会が行われます。一般公開されますので、クリスチャンの方や聖書に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。最寄りの会場の集会にご参加ください。

 

*市川に在る教会は、関東会場に参加します。

 

関東会場と市川に在る教会の日程:

日付 スケジュール
9月20日(主) 14:00-16:00 ハッピーヨベル福音集会 @川崎市教育文化会館
9月20日(主) 18:00-20:00 愛餐とパンさき集会 @市川
9月21日(月) 10:00-12:00 特別集会① @川崎市教育文化会館
9月21日(月) 13:00-14:30 特別集会② @川崎市教育文化会館
9月21日(月) 15:00-16:30 特別集会③ @川崎市教育文化会館
9月21日(月) 18:00- 小組ごとのブレンディング  @市川


問い合わせ先:TEL: 047-318-9818 MAIL: church_in_ichikawa@ybb.ne.jp


オフィシャルHP: http://www.jgw.or.jp/happyjubilee/

 

ヨベルとは?|What is the Jubilee?

 ヨベル(Jubilee)という言葉はヘブル語の「雄羊」という言葉と関係があり、「叫びの時」、あるいは「雄羊の角笛を鳴り響かせる時」を意味します。旧約時代、イスラエルの歴史において、49年目にヨベルのラッパが吹き鳴らされると、その次の年(すなわち50年目)に、貧しさのゆえに自分の所有を失ってしまった人たち、さらには自分の権利を売って奴隷状態になっていた人たちは、無償で自分の所有を再び獲得し、奴隷状態から解放されて自分の家、家族の所に帰ることができました。

 新約聖書ルカによる福音書第4章18節と19節は、このヨベルの成就をこのように述べています:

 

"主の霊がわたしの上にある.彼が貧しい人たちに福音を宣べ伝えるように、わたしに油を塗られたからである.彼はわたしを遣わして、捕らわれ人たちには解放を、盲人たちには視力が回復されることを告げ知らせ、圧迫されている人たちを解放して去らせ、主の受け入れる年、ヨベルの年を告げ知らせるのである"

 

 ヨベルはじつは、今日の新約時代の福音の宣べ伝えを表しており、罪の下に売られたすべての罪人に自由を告げ知らせ(ルカ4:18-19.使徒26:17後半-18)、彼らが神と神の家族に帰り、叫びをもって歓喜し、神の救いを享受することを意味しています。

 

この集会に興味のある方、参加して見たい方は、下記のフォームからご連絡ください。(メールアドレスの入力ミスされる方が時々おられますので、ご注意ください)。

メモ: * は入力必須項目です

2015年

5月

20日

何事にも思い煩わない|In Nothing Be Anxious

 

"あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。

神があなたがたのことを心配してくださるからです"

ーⅠペテロ5:7


 アメリカ合衆国の西部に、ある大学教授がいて、彼はいつも悲しんでおり、落胆する言葉を話していました。これが、彼の同僚を彼から引き離しました。ある日、天気がとても良く、多くの年少の同僚たちが彼に言いました、「今日は太陽がとても輝いており、鳥のさえずりはとても甘く、花は新鮮に見えます。あなたにはこれらの光景について、何の不平もないはずです」。彼は周りを見回して、何の不平もないことに納得しました。ところが、彼は不平をやめたでしょうか? 違います。彼はさらに見た後、「この光景は長く続かない」と言いました。ああ、多くの人はこの人のようです。彼らは神に対する感謝の心を決して持っていません。ただため息をつき、つぶやき、悲しみ、重荷を負うだけで、決して感謝の心を持ちません。

 

"あなたがもし、自分には重荷と思い煩いがあると言うなら、

主があなたの罪を十字架上で担ってくださったことを、認識しなければなりません。

彼はあなたの悲しみ、困難、思い煩いを担ってくださらないでしょうか?"

 

 鉄道の駅で働いているあるクリスチャンがいました。彼は病気であっても健康であっても、環境が良くても悪くても、いつも神に感謝していました。彼の同僚たちはみな、彼が楽天家であると言いました。ある日、彼が線路を修理していると、列車が彼の足の上を通り、彼は失神してしまいました。彼が気づいた時、人々は彼がまたも神に感謝しているのを聞いたのです! 彼らは怒り、彼の足の一本が切断されてしまったのに、どうしてなおも神に感謝することができるのかと思いました。彼は言いました、「神に感謝します。わたしには、まだもう一本の良い足があります!」。あなたは病気であっても、まだ生きています。あなたは貧しくても、絶望的ではありません。あなたは粗末な服を着ていても、まだ身に着けるものがあります。あなたの家は小さくても、まだ枕する所があります。あなたは神に感謝する機会を求めることを学ぶべきです。そうすれば、あなたに思い煩う理由があっても、思い煩う機会はないでしょう。毎回、あなたは自分の思い煩い、重荷を神に明け渡す時、喜ばないわけにはいきません。あなたがもし、自分には重荷と思い煩いがあると言うなら、主があなたの罪を十字架上で担ってくださったことを、認識しなければなりません。彼はあなたの悲しみ、困難、思い煩いを担ってくださらないでしょうか?

 

"神は思い煩いを担われる神です"

 

 ペテロの第一の手紙第5章7節は言います、「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです」。神はわたしたちのいっさいの思い煩いを、彼に明け渡してもらいたいのです。なぜなら、彼はわたしたちのことを心配してくださるからです。彼はわたしたちの重荷を担いたいのです。「心配」の原文は、同じ節の「思い煩い」と同じ語根です。両者は文法の形態が違うだけで、神がわたしたちの思い煩いを担い、わたしたちのために思い煩いを取ってくださることを意味します。ですから、わたしたちは思い煩ってはいけないのです! 多くの人は、喜び、贈り物、友情、その他の事柄を受けようとして招きます。彼らは他の人から得ることを期待しているのです。ところが、わたしたちの神は、わたしたちが彼に喜び、善、友情を与えるために招いておられません。神は、わたしたちが彼の御前に来て、わたしたちの思い煩いを彼に明け渡すように招いておられます。神は思い煩いを担われる神です。彼はわたしたちに、自分の重荷を彼に置くようにと招いておられます。彼にとって、これは困難ではないのです。イザヤ書第53章4節は、主イエスが「私たちの病を負い、私たちの痛みを担った」と言っています。

 

"神があなたに求めておられるのは、

良いものではなく思い煩いや心配を持って来ることです"

 

 もしあなたが自分の身近な問題、家庭の崩壊、子供が道徳的に堕落して主から離れること、事業の失敗、姻戚間の不和、他の人の救い、神の子供たちの後退し堕落した霊的状態について心配するなら、神はあなたに、自分の思い煩いを彼に明け渡してもらいたいのです。このような状況の中で、神はあなたが彼に来ることを求めておられます。神があなたに求めておられるのは、良いものではなく思い煩いや心配を持って来ることです。彼はあなたの思い煩いを担ってくださいます。砕かれた心、重い心、痛みのある心を持っている人はみな、神に来なさい! 今日あなたはもはや思い煩う必要はありません。これが福音です。

 

(ウオッチマン・ニー全集、第18巻、「何事も思い煩ってはならない」より抜粋)

さらにクリスチャンや集会について知りたい方は、以下のフォームからご連絡ください:

メモ: * は入力必須項目です

2015年

5月

20日

祈りを聞かれる神|God who hears prayer

 

 エペソ人への手紙第2章19節は言います、「そこであなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、聖徒たちと同じ国籍の者、神の家族の者です」。私は今年4月に日本に来て、杜姉妹のルームメイトになりました。私が日本に来る前に、杜姉妹は「今度のルームメイトが姉妹であるように」と祈りました。結果として、私がルームメイトになりました。偶然の機会で、私は杜姉妹の聖書が目に入って、教会について質問しました。ちょうどその週の金曜日夜、華語の小組があったため、杜姉妹と一緒に教会に行きました。その夜の小組のことは一生涯忘れないと思います。みんなと一緒に食事をし、みんなが歌っている詩歌を聞き、思わず涙が出ました。その時、かつてない感動が湧いてきました。その後、バプテスマについての話を聞きました。二日後の日曜日、集会所で少しも躊躇せず、バプテスマを受けました。主の選びと案配を感謝します。それは、私の幸いでした。


"そこであなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、

聖徒たちと同じ国籍の者、神の家族の者です."

-エペソ2:19

 バプテスマ受けた後、私には変化がありました。以前は多少ルーズで、ぐずぐずしていて、それに寝坊好きでした。しかし、今は毎朝近くの姉妹の家まで走って行って、聖書をエンジョイしています。何となく、足が軽くなったような気がします。朝アラームがなったら、私の内側から力が湧いてくるのを感じます。このため、聖書の学びにおいてだけではなく、学校の勉強においても積極的になり、あらゆる勉強のチャンスをつかむようになりました。

 

 また、自分の必要を主に言えるようになりました。例えば、寝る前にこのように祈りました、「主イエスよ、明日、おいしい魚を食べることができますように」。不思議なことに、その1日か2日後、本当に祈りは成就されました。主の細やかな顧みを感謝します。

 

"神の恵みによって、今のわたしがあるのです.

そしてわたしに対する神の恵みは、無駄にはなりませんでした.

⋯⋯しかし、それはわたしではなく、わたしと共にある神の恵みです"

-Ⅰコリント15:10

 

 この喜びを多くの人と分かち合いたいので、今後、さらに多くの人がこの大家族に入ることができるよう努力していきたいと思います。そして、さらに主を知るため、聖書を読むのも興味深くなりつつあります。このような状況がずっと続きますように。コリント人への第一の手紙第15章10節は言います、「神の恵みによって、今のわたしがあるのです.そしてわたしに対する神の恵みは、無駄にはなりませんでした.⋯⋯しかし、それはわたしではなく、わたしと共にある神の恵みです」。

 

主に感謝します。アーメン。

 

余姉妹

 

さらにクリスチャンや集会について知りたい方は、以下のフォームからご連絡ください:

メモ: * は入力必須項目です

2015年

5月

07日

神は願われる|God is willing

 

 わたし(ウオッチマン・ニー)は山の花や鳥が好きです。しかし、わたしが近づくと鳥たちは飛び去ってしまいます。わたしには鳥に害を加えようとする気はまったくないのですが、鳥たちはわたしの心を知らないので、いつもわたしを避けました。鳥たちにわたしの心を知ってもらう唯一の方法は、わたしが彼らの言葉を語り、鳥になって彼らの間を飛び、わたしの気持ちを伝えることです。そうすれば、わたしは誤解されないでしょう。

 

 神はわたしたちに対して同じように感じておられます。神はわたしたちを愛しており、わたしたちに神ご自身に近づいてもらいたいのです。ところが、わたしたちは神の心を知りません。神は多くの方法で預言者を通して神がわたしたちを愛しておられることを語られましたが、わたしたちは理解しませんでした。ですから、神は自らこの世に来て、人と成られました。もし、わたしが鳥になったらあなたは「なんというへりくだりでしょう!」と言うでしょう。それなら栄光の神がご自身を低くして人と成られるとはなんというへりくだりでしょう! 

 

"丈夫な人には医者はいらない。いるのは病んでいる人である"

-マタイ9:12

 

 神はイエスです。イエスが地上で三十三年間人を取り扱われた方法は、神が人を取り扱われる方法と同じです。ある日、らい病の人は汚れて悪臭を放っていますが、主はこの人に同情して、神イエスなら一言で彼を清めることができましたが、主は御手を伸ばして彼に触れられました。このように、神はあなたを憎まれません。神はあなたを愛されます。イエスは言います「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病んでいる人である」。ある人は「わたしはこんなにもひどい罪人なのに、神はまだわたしを欲しておられるのだろうか?」と不思議に思います。イエスは神の心を開き、神がわたしたちを欲しておられ、私たちを愛しておられることを見せられました。イエスは「わたしは医者であって、病人をおそれない」と言われました。病人は医者を恐れません。ある人は自分はいつも罪を犯してしまうので、神はわたしたちを好きでなく、滅びてほしいと思っていると言います。どうか友よ、神があなたに何の悪意も持っていないことを見ますように。


"あなたはイエスがなくてもこの世で幸いであることができます。

しかし主イエスは天で、あなた無しでは幸いであることができません。"

 

 別の事例で、ある伝道者が一人の少女を悔い改めに導きました。しかし彼女はつまづいてしまいました。ある日教会へ行くと、同じ伝道者が宣べ伝えていました。彼女は彼の心を傷つけることを言おうと決心し、メッセージが終わって彼の所へ行って「わたしはもうイエスは必要ではありません。わたしはそれでも幸いです」と言いました。その伝道者は答えました「あなたはイエスがなくてもこの世で幸いであることができます。しかし主イエスは天で、あなた無しでは幸いであることができません」。神はわたしたちを得て、初めて幸いになることができるのです。私たちに対する神の愛は、子に対する母親の愛よりまさります。夫婦の愛よりもまさります。神はあなたを愛しておられるのです!


 人が一つの罪を一秒でも犯すなら、地獄に行くのに十分です。あなたは決して悪いことをしてない、悪い言葉も話していないと思いますか? 神は罪を憎まれます。すべての人が罪を犯したことを神は知られたので、世に来て一人の人と成り、十字架上で人の罪を担われました。これは神がなされた最初のことでした。さらに、イエスがあなたのために死んでくださったにもかかわらず、なおもあなたが罪を犯すことも神は知っています。なので、神はご自身の霊をあなたに与え、あなたの中で生き、あなたを強めて罪を犯さないようにされます。これが神がなされた第二のことです。神があなたに命を与えられないのではありません。あなたが命を得ようとしないのです。あなたが命を得ることを神は願い、望んでおられます。あなたが求めるなら永遠の命を持ちます。ある伝道者は言いました「天の門の掛けがねは外側にある」。天の門の掛けがねは外側にあるので、神には問題はありません。ただあなたが入ろうとするかどうかです。神は今日、あなたがたが家に帰るようにと呼んでおられます。

 

 イエスはあなたがたのために死なれ、命を与える霊が来られました。この話しを聞いているだれも、地獄へ行ってはなりません。しかしあなたがもし主を受け入れないなら他に方法はありません。あなたが神に「わたしは罪人です。わたしはあなたを受け入れたいです」と言うなら、あなたは救われます。そうすれば神は喜ばれ、あなたも神と共に喜びます。神は愛です!

日本福音書房、「福音メッセージ集、第一集、神は願われる」より抜粋) 

さらに聖書について知りたい方は、以下のフォームからご連絡ください:

メモ: * は入力必須項目です

最新情報/What's New

2019年3月

・3月31日に下総中山の新集会所でオープニング集会があります。

2019年2月

・4/12-14に神戸召会へブレンディングに行きます

・5/26に調布の兄弟姉妹が市川にブレンディングに来られます。

2019年1月

・昨年12月に下総中山集会所を獲得しました。ただいま改修工事中です。3月末から使用開始予定です。

お問い合わせ/Contact Us

TEL: 047-318-9818

church_in_ichikawa@ybb.ne.jp

集会時間/Our Meetings

水:10:30 ~ 12:30 小組集会

木:20:00 ~ 21:00 祈り集会

金:10:30 ~ 12:00 姉妹祈り集会

土:19:30 ~ 21:00 中高生集会

  19:30 ~ 21:00 華語集会

日:10:00 ~ 12:00 主日集会

 

詳しくはこちら

市川集会所/Meeting Hall 1

〒272-0034 市川市市川2-6-19

下総中山集会所/Meeting Hall 2

〒272-0814市川市高石神33-15