人生の意義 第二のキー

第二のキー 「人の堕落」

人の持つ善の性質と悪の性質との奥義を開く

 

1.人の二つの性質

 

 人は神のかたちに造られました。このためすべての人に神の性質と一致する「善の性質」すなわち誠実、善良、美、知性、親切、勇気などの美徳があります。ところが、人の内にはまた「悪の性質」もあって、「善の性質」と争い合います。これは中国哲学のいわゆる「道理と欲の争い」です。古今東西を問わず、人の性質を認識している人たちは皆この事実を認めます。

 

2.罪

 

 罪は人の内にあるので、人は良いことをしようと願っても、それを実行することができません。

 

どん欲、しっと、人殺しを願う人はありません。

おごり、高ぶり、欺きを願う人はありません。

いらだち、汚れ、情欲を願う人はありません。

ぐち、不平、のろいを願う人はありません。

 

ところが反対に、人にはこれらの「悪の性質」からのがれることができないのです。

どうか次の聖書の言葉を読んでください。

 

「わたしは自分の中に、すなわち、自分の肉の中に、善なるものが住んでいないことを知っています。なぜなら、わたしは善をしようと欲するのですが、善を行なうことはないからです」。ローマ718

 

「もしわたしが欲していないことを行なうなら、それを行なうのはもはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪です」。ローマ720

 

これはまさに人の描写です。

 

3.人の堕落

 

 罪は人の内には入ってきて、人を堕落させました。

 

1)罪は人の霊を死なせました:「ところであなたがたは、自分の違反と罪の中に死んでいて」エペソ21

 

2)罪は人の思いを背かせました:「かつてあなたがたは神から離れていて、悪い行ないのために、あなたがたの思いの中で敵であったのです」コロサイ121

 

3)罪は人の体に罪を犯させました:「あなたがたは死ぬべき体の中で、罪に支配させて、体の情欲に従ってはなりません」。ローマ612

 

人は堕落しました。 それはまるで、一台のこわれたラジオのように、音楽を放送できないだけでなく、いつも雑音を発し、調節できません。またちょうど、みぞに落ちたコップのように、本来のすばらしい形は残っていても、今では泥にまみれています。

 

4.人は自分を救うことはできません

 

人は昔から、あらゆる方法を尽くし、罪を犯すことから逃れようとしてきましたが、

 

良い行ないをすることは罪から人を救い出すことができません。

教育は罪から人を救い出すことができません。

道徳は罪から人を救い出すことができません。

お経を読むことは罪から人を救い出すことができません。

仏像を拝むことは罪から人を救い出すことができません。

 

人生の描写は、まさに善の性質と悪の性質が互いに争っている絵です!

 

<第一のキーへ戻る  第三のキーに続く>

さらに人生の意義について知りたい方は、以下のフォームからご連絡ください:

メモ: * は入力必須項目です

最新情報/What's New

2019年3月

・3月31日に下総中山の新集会所でオープニング集会があります。

2019年2月

・4/12-14に神戸召会へブレンディングに行きます

・5/26に調布の兄弟姉妹が市川にブレンディングに来られます。

2019年1月

・昨年12月に下総中山集会所を獲得しました。ただいま改修工事中です。3月末から使用開始予定です。

お問い合わせ/Contact Us

TEL: 047-318-9818

church_in_ichikawa@ybb.ne.jp

集会時間/Our Meetings

水:10:30 ~ 12:30 小組集会

木:20:00 ~ 21:00 祈り集会

金:10:30 ~ 12:00 姉妹祈り集会

土:19:30 ~ 21:00 中高生集会

  19:30 ~ 21:00 華語集会

日:10:00 ~ 12:00 主日集会

 

詳しくはこちら

市川集会所/Meeting Hall 1

〒272-0034 市川市市川2-6-19

下総中山集会所/Meeting Hall 2

〒272-0814市川市高石神33-15