· 

現代の自然現象とバイブルスタディ

現代の自然現象とバイブルスタディ

 

2022年6月2日に北関東から東北にかけての一部で、大きな雹が降りました。天から雹が降ってくる事に関して、聖書では旧約聖書の出エジプト記(約B.C.1500年)で記録されています。

 

出9:18      

見よ、明日の今ごろ、わたしははなはだ重い雹を降らせる.それは、エジプトが建てられてから今に至るまで、決して起こらなかったほどのものである。

 

出9:23      

モーセは彼の杖を天に向かって伸ばした.するとエホバは雷と雹を送り、火が地上に下って来た.そしてエホバはエジプトの地に雹を降らせられた。 

 

出9:24      

すると、はなはだ重い雹が降り、火が絶え間なく雹のただ中を煌めき渡った.エジプトが国となって以来、これほどのものはエジプトの全土に起こったことがなかった。

 

今回の雹に続いて、雷が落ちて火災が発生したことから見ても、雹と雷は自然現象的にセットであると考えられますね。

 

回復訳聖書のフットノートの解説は興味深いことが書いてあります、

「当時のエジプトに対する災害の中で、神はいくつかの自然界の法則を変更しました。神は雨の機能を買えて、雨がもはや地を潤して命を生み出すのではなく、雹となって地の産物を破壊し、もはや人々の渇きをいやすのではなく、人々を殺すようにしました。さらに、雹は火と混合しました(24節)。これも、神が地を支配する自然界の法則を変えたことを示します。」(回復訳聖書、出9:18のフットノートより)

 

啓示録はこの時代の終わりについて、未来予言が書かれていますが、そこには今回のとは比にならない雹が降ると記録されています。

 

啓示録16:21 

また、それぞれ一タラントほどの重さの大きな雹が、天から人々の上に降ってきた.人々は、その雹の災害のゆえに神を冒とくした.その災害があまりにもひどいからである。

 

一タラントは約45㎏です。7cmの雹で落下速度が時速140kmになるのでしたら、45㎏の雹だったらいったいどうなるのか、ものすごい破壊力となります。

 

市川に在る教会では聖書を学ぶ会を定期的に開いています。ぜひこのような時代だからこそ、一緒に聖書を学び、正しい知識を身に付けて、人生の指針を手にしましょう。参加を希望される方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

さらに、聖書や集会に興味のある方は、下記のフォームからご連絡ください。メールアドレスは、こちらからの返信・連絡以外の目的に一切使用いたしません。

メモ: * は入力必須項目です

最新情報/What's New

2022年3月

まん延防止等重点措置が3月21日で解除されたことを受けて、感染対策を講じながら対面での集会を22日より再開しました。

お問い合わせ/Contact Us

church_in_ichikawa@ybb.ne.jp

TEL: 047-318-9818

集会時間/Our Meetings

月:19:45 ~ 21:15 祈り集会

水:10:30 ~ 12:30 小組集会

土:19:30 ~ 21:00 中高生集会

  19:30 ~ 21:00 華語集会

日:10:00 ~ 12:00 主日集会

詳しくはこちら

市川集会所/Meeting Hall 1

〒272-0034 市川市市川2-6-19

TEL: 047-318-9818

下総中山集会所/Meeting Hall 2

〒272-0814市川市高石神33-15

TEL: 047-713-5614